トップへ » 当院について » 院長・副院長紹介 » 大学時代に「矯正治療の奥深さ」を再認識

大学時代に「矯正治療の奥深さ」を再認識

私は、幼い頃から父の仕事ぶりを見ていて、小さな頃から矯正用ワイヤーにも触っていたんです。手がワイヤーを曲げることを自然と覚えていって...。"ワイヤーが友達"みたいな感じだったかも知れません(笑)。

大学で専門を選択する際には、実は「入れ歯」と「矯正治療」で迷ったことも。ですが、結局は歯並びだけでなく、顔の骨の成長発育をコントロールできる唯一の分野であることに魅かれて矯正の専門医になることを決めました。

大学病院には6年間勤務し、難度の高い治療や最新の治療についても幅広く学んできました。そしてこれまでの矯正の経験を通して思うことは、矯正は真面目な学問だということです。美しい矯正の仕上がりは、毎回毎回の治療をコツコツと真面目に積み重ねていくことで得られます。

副院長あいさつ矯正治療では、患者さんの健康をお預かりしていますから、もちろん妥協なんてできません!患者さんにとって「ベスト」なゴールを目指し、専門家という立場でより良い治療を提供します。矯正治療は他の歯科治療に比べ時間がかかってしまいますが、見た目の良さや機能性だけでなく心身の健康をもたらします。ぜひ皆さんも一緒に頑張りましょう。


トップへ » 当院について » 院長・副院長紹介 » 大学時代に「矯正治療の奥深さ」を再認識


PAGE TOP