トップへ » 当院の矯正治療について » 開始時期・期間について » お子さまの場合

お子さまの場合

開始時期・期間について

お子さまの矯正治療には、成長段階によって「適切な開始時期」があります。大きく分けると、前歯が生え変わるころの「乳歯列期」と、すべての歯が永久歯に生え変わってからの「永久歯列期」の2つの時期になります。

乳歯列期(第1期治療期)
乳歯列期(第1期治療期)の治療対象になるのは、「小学生まで」が目安。下記のような症状の前兆が見られたら、ぜひ、少しでも早くご相談ください。

●このような症状がでたらご相談ください
1.顎の骨の発育異常に関係するもの。たとえば、受け口や出ッ歯など
2.歯ブラシを上手に使用しても清掃ができないくらい凸凹な歯並び(乱杭歯)
3.顎の自由な運動が妨げられ、障害を起こすような歯並びの異常
4.普段から口を開きっぱなしで、鼻で息をせず口で口呼吸する
5.小児のいびきや小児ぜんそくがあり、顎の発育が悪い方
6.指しゃぶりや舌突出癖など、歯並びや発音に影響がある場合

乳歯列期から始めると歯を並べる土台がある骨の横幅を広くしたり、上下の顎の位置を整えることで、何もしないままでは抜歯をしなければ治らなかった患者さんが、第2期治療で抜歯をせずに、きれいな歯並びを手に入れられた例は数多くあります。


永久歯列期(第2期治療期)永久歯期
中学生以後すべての歯並び異常が、永久歯列期(第2期治療期)としての治療対象となります。

骨格的な問題はなく歯並びだけが凸凹している場合や八重歯などは、この時期まで待ってから治療を始めても充分に間に合います。また、第1期治療を受けた方の多くは、この第2期で仕上げの治療をします。

つまり、この時期が本格的な矯正治療の時期でもあり、治療器具も、状態によってさまざまなものを使い分けるようになっていきます。2年前後かけて治療するケースが多くなってきます。

適切な治療開始時期を知るには、まず、専門医に相談をすることです。また、「治療はもう少し時間が経ってから・・・」となった場合も、治療開始までの間、定期的なチェックを受けることにより、状態の変化を見逃すことなく、より効率的な治療が受けられます。

●治療時期を逃した方も諦めないでください
「部活や受験勉強が忙しくて、高校を卒業するまでに矯正治療を受けることができなかった」という方が、大学生や社会人になってから矯正治療を受けるケースも大変多くなっています。大人になってからでは矯正治療はできないと思っている方もいらっしゃるようですが、歯槽膿漏や歯周病などの問題がなければ、40歳、50歳、60歳でも矯正が可能です。諦めていた方も、ぜひ一度ご相談ください。


トップへ » 当院の矯正治療について » 開始時期・期間について » お子さまの場合


PAGE TOP