トップへ » 当院の矯正治療について » 治療の流れ » 6.保定

6.保定

治療の流れ動的治療によって咬み合うようになったばかりの歯は、その位置でしっかり支えられていないため、装置を外して放置すると元の位置に戻ろうとしてしまいます。矯正装置を外した後の数年間は、保定装置を使用することによって、治療後の歯並びを安定させていきます。


トップへ » 当院の矯正治療について » 治療の流れ » 6.保定


PAGE TOP