トップへ » 当院の矯正治療について » ドクターの技術力

「認定医」「指導医」「専門医」など様々な資格を持つ院長・副院長

ドクターの技術力

当院は、藤沢で5000人以上の患者さんを見てきた実績を持ち、外科手術が必要な難症例にも対応しています。それは、日本矯正歯科学会の「認定医」「専門医」「指導医」の3つの資格を持つ院長と、その院長を父とする「認定医」の副院長の技術力による実績でもあります。

神奈川県全体でも専門医の資格を持つ歯科医は十数人しかいない中、当院長の専門医番号は全国で18番目です。また当院は、認定医の臨床研修機関の役目も担い、すでに10人もの認定医を輩出しています。

「認定医」「指導医」「専門医」とは?

「認定医」「指導医」「専門医」というのは、日本矯正学会からの評価を示しています。

ドクターの技術力認定医の資格を持つ歯科医は全国で約3000人のみ
「認定医」の資格を取得するには、まず、日本矯正歯科学会に5年以上属し、学会が認めた大学の附属病院や矯正歯科医療機関において5年以上にわたる経験を積む必要があります。さらには、学術誌に報告を発表し、審査に合格した者にのみ資格が与えられます。

今現在、矯正治療を行っている歯科医師は全国で約20,000人。その中で、認定医の資格を持っている歯科医は約3000人(※)
です。

ドクターの技術力指導医は、矯正医を教えるプロ
「指導医」は、12年以上の矯正治療経験をもち、認定医取得後、大学病院で3年間の教育歴がなければ取得できない資格です。現在、日本矯正歯科学会指導医は、全国に約600人(※)います。

つまり、指導医は「矯正医に治療を教えるプロ」なのです。

ドクターの技術力専門医は、矯正治療を受ける歯科医選びの重要な基準
「専門医」とは、「認定医」「指導医」よりも、さらにハイレベルな資格です。専門医になるためには、「認定医資格を取得後、2回以上更新試験に合格していること」「最近10年以内に矯正臨床に関する論文、著書または学会発表があること」が必要です。

その上で、症例の提示と試問審査に合格し、さらには学術大会において、これらの症例報告を行う必要があります。もちろん、その中にひとつでも「治療結果が優れていない例」があれば不合格となります。

認定水準の高さから、専門医の資格を持つ者は、全国でも約300人(※)程度しかいません。この数字から見ても、「専門医」というのは非常に難易度の高い資格であり、日本矯正学会認定の「専門医」であるかどうかは、安心して矯正治療を受けられる歯科医選びのための重要な基準といえるでしょう。

(※)2013年現在

外科矯正も可能。幅広いアプローチで行う矯正治療

ドクターの技術力顎口腔機能診断指定機関の当院では、外科矯正を行うことができます。

通常の矯正治療に加えて外科矯正も視野に入れることで、より幅広いアプローチが可能となります。それゆえ、外科手術が必要とされる比較的難しい治療にも対応できますので、まずはご相談ください。

外科矯正について詳しく見る

2人のドクターによるコンビネーション治療

ドクターの技術力矯正治療は、比較的長い時間がかかる治療です。歯を正常な位置に動かす期間に、その後の保定期間を合わせると、5年以上のお付き合いになるでしょう。その間に、退職や移動で担当医がいなくなってしまうと、患者さんには不安が残るものです。

当院のドクターは、ベテランの院長と、その技術を受け継いだ副院長の2名。親子2代のドクターによる確かなコンビネーションと、当院に腰をすえた勤務体制により、長い治療期間もしっかりサポートします。

父と私で、最後まで責任を持って皆様の治療を行います~副院長より~
父である院長は、まだまだ元気で歯科医師としても現役です。しかし、患者さんによっては、治療の途中で父が引退することを心配する方もいらっしゃるかも知れません。たとえ父が引退したとしても、私がしっかりと皆様の治療を引き継ぎますので、どうぞご安心ください。


トップへ » 当院の矯正治療について » ドクターの技術力


PAGE TOP