トップへ » 当院の矯正治療について » 痛みの少ない治療

痛みが少ない矯正治療を心がけています

痛みが少ない矯正治療

治療中のストレスを軽減するため、当院では「痛みを減らすための取り組み」を行っています。

「強く引っ張ると早く矯正できる」と思っている方が多いかも知れません。しかし実際には、弱い力でも歯は充分に動きますし、強すぎる力は、歯の周りの組織にダメージを与えてしまい、かえって歯の動きを遅くしてしまうことも判明しています。

はじめは最も力の弱いワイヤーからスタート
たとえば、治療初期の段階は必要最小限の弱い力で歯の移動を行うために、できるだけ細くて柔らかく歯への負担が少ないワイヤーを使用します。痛みの感じ方には個人差がありますが、ワイヤー調整後、2~3日程度で治まる方がほとんどで、全く痛みを感じない患者さんも多くいらっしゃいます。

万が一、治療中に口内炎ができた場合には、痛みを抑えるためのワックスもお渡ししています。

適切なステップを踏み、歯やあごの骨に負担をかけない
歯並びがガタガタしている状態にある場合には、それを治してから、歯の全体があごの正しい位置にくるように動かしていきます。このように適切なステップを踏んで効率よく動かすことにより、負担や炎症の度合いが抑えられ、痛みが出にくい治療を実現しています。

●痛みを感じにくい子どもの矯正
大人と子どもで同じ治療をしても、子どものほうが歯が動く際の痛みを感じにくいです。さらには、1期治療で良い結果が得られると、中学生の時期に始まる2期治療を行う時の負担も大きく削減されます。早い時期に治療を始めることが、なるべく痛みを感じずにきれいな歯並びを手に入れるコツだと言えます。

 

仕上がりにこだわるオーダーメイド治療

痛みの少ない治療歯を動かすためには、ワイヤーを使って歯に一定の力を与えることが必要ですが、矯正を必要とする歯並びは、凸凹だったり、捻れていたり、傾いていたり、患者さん一人ひとり、それぞれに異なっています。

手作りだからこそ、きめ細やかな治療ができる
きれいな歯並びにするには、そういった凸凹や捻れ、傾きに沿ってワイヤーを曲げ込んで調整する必要があります。しかし、既製品の装置は平均的に作られてるため、個々の患者さんの歯並びに対して、細やかなアプローチをすることは難しくなります。

そこで当院では、「スタンダードエッジワイズ法」を用いて、一人ひとりの患者さんに合わせた治療装置を手作りしています。歯一本一本の形、傾きに合わせてワイヤーの角度を微妙に調整することで、より効率的で効果的な、そして矯正治療後の安定した咬み合わせまで視野に入れた治療を行います。

毎回の治療時間は少しかかりますが、その分、個々の患者さんに合ったオーダーメイドの治療ができます。


トップへ » 当院の矯正治療について » 痛みの少ない治療


PAGE TOP