トップへ » 当院の矯正治療について » 治療の流れ

1.初診・相談

治療の流れまずはカウンセリングの時間を取り、歯並び、咬み合わせ、顎関節症、顔つき、口元などに関する悩みをお伺いします。その後、お口の中の診査と問診を行い、おおよその治療期間、矯正装置と費用のご説明をします。

2.精密検査

治療の流れ精密検査によって、治療方針を決定するために必要な情報を集め、解析します。検査項目は、顔・顎・歯のレントゲン撮影、歯型の採取、顔面・口腔内写真撮影など。また、歯並びや顔面形態、顎の関節などの細かい分析や、顎の運動検査なども必要に応じて行います。

3.診断・検査結果と治療計画の説明

治療の流れ検査結果をもとに、現時点の咬み合わせの問題点や、今後予想される成長発育の問題点などをお話します。さらには、それらを改善するための治療方針や使用する装置、期間、治療費などの詳しいご説明をします。

患者さんご自身やご家族の考えを優先して治療計画を立てますので、治療についての疑問点やご希望は、遠慮せずにお聞かせください。

4.装置作成

治療の流れ治療計画に基づいて、適正な装置を作成します。

5.動的治療

治療の流れ歯を積極的に動かす期間です。歯並びが整い、よく噛めるようになるまで、月に1回、もしくは2ヶ月に1回程度の割合で定期的に通院していただきます。

※通院の頻度は、使用する装置や個人差によって異なります。

6.保定

治療の流れ動的治療によって咬み合うようになったばかりの歯は、その位置でしっかり支えられていないため、装置を外して放置すると元の位置に戻ろうとしてしまいます。矯正装置を外した後の数年間は、保定装置を使用することによって、治療後の歯並びを安定させていきます。


トップへ » 当院の矯正治療について » 治療の流れ


PAGE TOP