トップへ » 当院の矯正治療について » 矯正治療中の虫歯予防

虫歯にさせません!

矯正治療中の虫歯予防

矯正治療中に虫歯ができると、虫歯の治療のために、矯正治療を一時中断しなくてはなりません。そうなると、せっかく動いた歯が元に戻ってしまい、それまでの治療が無駄骨に...。限られた時間の中で確実な矯正を行うためには、矯正治療中の虫歯予防はとても重要な注意点です。

当院では虫歯予防にも重点を置き、みなさんが矯正治療中に虫歯になってしまわないよう、装置などのさまざまな工夫はもちろん、定期的なチェック、及び適切なブラッシング指導を行なっています。

虫歯になりにくいように装置や接着剤を工夫

矯正治療中の虫歯予防矯正装置と歯の隙間に汚れが入り、そこから虫歯になってしまうケースがあります。

それを防ぐために当院では、装置と歯の間をしっかり密封できる接着剤を使用しています。こうすることで汚れが隙間に入ることがなくなり、虫歯のリスクを最小限に抑えることができるのです。

虫歯予防に効果的なブラッシングを指導

矯正治療中の虫歯予防矯正装置を装着しているために歯の磨き方が不十分になると、虫歯のリスクが高まります。そこで当院では、矯正治療に入る前に歯垢のチェックや、お口の状態に合わせた効果的なブラッシング方法のアドバイスなどを行います。

そして2~3週後に歯垢の染め出しをして、しっかり磨けているかチェックし、正しいセルフケアができるように指導してから矯正治療を始めるようにしています。

衛生士による歯のクリーニング【PMTC】

矯正治療中の虫歯予防PMTCとは、Professional Mechanical Tooth Cleaningの略で、プロの歯科スタッフが行う専門的なクリーニングのこと。当院では月1回の調整、そして年数回のメインテナンスの際などにPMTCを行うことで、患者さんの虫歯・口臭・歯周病などの予防に注力しています。

PMTCは予防歯科で用いられるクリーニング法で、通常の歯磨きでは除去できないバイオフィルム(細菌の作った膜)や歯石なども取り去ることが可能です。また、処置後にフッ化物入りのペーストで歯をコーティングすると、歯のエナメル質が強化され、虫歯や歯周病の予防効果も得られます。

初期虫歯にはフッ素塗布で素早く対応

万が一虫歯になってしまったときは、初期段階で食い止めるためにフッ素塗布を行なっています。フッ素には、歯の石灰化を促したり、細菌の活動を抑制させる効果があるので、初期の虫歯であれば再石灰化効果のみで治癒し、矯正がスムーズに続けられる可能性も。

矯正治療の虫歯は、スムーズな治療進行にとって大敵です。万が一の場合にも、少しでも早い段階で処置するために、定期的なメンテナンスを欠かさないように留意してください。


トップへ » 当院の矯正治療について » 矯正治療中の虫歯予防


PAGE TOP