トップへ » 矯正治療のよくある質問 » 保険適応ができる矯正治療 » 外科的矯正治療

外科的矯正治療

通常の矯正方法では治療が困難な場合に、顎の骨を手術で切って動かす治療を行うことがあり、その方法を「外科的矯正治療」といいます。手術は総合病院の口腔外科医が行い、手術の前後には、ワイヤーを使った通常の矯正治療も必要となります。

外科的矯正治療次へ外科的矯正治療

まずは、上下の歯の配列を整えて、手術後に安定する正しい咬み合わせとなるように準備。そして手術後には、新しい顎の位置でしっかりとした咬み合わせが得られるように仕上げの矯正治療をします。手術は口の中から行いますので、顔の外に手術の傷が残ることはほとんどありません。

外科的矯正治療の特長
・通常の矯正治療では難しい症例の治療が可能
・健康保険が適応される

保険適応が可能な症例一覧

●当院が提携している口腔外科病院(外科手術を担当する医院)
藤沢市民病院 口腔外科 / 横浜市立大学 市民総合医療センターの歯科・口腔外科・矯正歯科 / 東京医科歯科大学 口腔外科 / 神奈川歯科大学 付属横浜クリニック 歯科口腔外科


トップへ » 矯正治療のよくある質問 » 保険適応ができる矯正治療 » 外科的矯正治療


PAGE TOP