トップへ » 矯正治療のよくある質問 » 特設外来について » 小児喘息(ぜんそく)

小児喘息(ぜんそく)

小児喘息の患者さんの中で、下顎が小さく、上顎歯列が狭い(口蓋が深い)患者さんの場合、拡大矯正装置を用いた治療によって、喘息の症状が軽くなるケースが多く見られます。

これは、矯正治療によって口の中の空間が広がることにより、舌が前方に移動して喉の奥に余裕ができ、上気道が拡大するからだと思われます。あるケースでは、CTの体積計算によると、上気道が約1.5倍に拡大していました。そのため、いびきが消え、喘息の発作も消失し、呼吸が楽になったようです。

治療前正面
治療前正面
治療前上顎
治療前上顎
治療前下顎
治療前下顎
装置装着時正面
装置装着時正面
装置装着時上顎
装置装着時上顎
装置装着時下顎
装置装着時下顎

矢状面CT像
側面から見たCT像において、気道(緑の面積)が拡大しています。

前頭面CT像
正面から見たCT像において、気道(緑の面積)が拡大しています。


トップへ » 矯正治療のよくある質問 » 特設外来について » 小児喘息(ぜんそく)


PAGE TOP