2009年4月17日 « トップへ » 2013年7月16日

2012年6月29日

矯正歯科治療の費用

項目 イメージ 内容 価格(税別)
矯正相談料(初診料) カウンセリング 初回のご来院時、歯ならびについてのご相談をお伺いいたします。 2,000円
(初回のみ)
検査・診断料 検査料 現在の歯の状態を詳しく調べていきます。お口の中と外(顔)の写真撮影や頭と歯のレントゲン撮影、顎の運動状態などを調べ、口の中の模型を作ります。これらの情報をもとに、治療期間や使用装置、費用などの治療計画をつくりご説明いたします。 6,000円/回
検査2回と診断時の計3回
(計:18,000円)
ご契約金
子ども矯正(乳歯列期)
基本料金 子ども矯正には1期治療(乳歯列の頃から矯正をはじめる場合)と2期治療(1期治療のあと成人矯正が必要な場合)があります。それぞれ治療に必要な装置を装着するときにお支払いいただいております。 1期治療:
300,000円
2期治療:
300,000円
ご契約金
成人矯正(永久歯列)
調整料 検査・診断後、装置の装着時にお支払いいただいております。
※セラミックタイプの装置をご選択の場合は、¥50,000追加になります。
550,000円
処置料 処置料 検査・診断を終え、実際の処置に入って(矯正装置を装着して)から毎回のご来院時にお支払いいただいております。装置の種類や処置内容によって料金は異なります。 5,000~6,000円
定期管理料 定期管理料 装置が入っていない時期に、歯の様子や顎の成長を観察するための定期的なご来院時にお支払いいただきます。 3,000円

※転勤等、通院が不可能になる場合の対応について
治療の継続は、日本臨床矯正歯科医会の会員にお願いすることになります。これまでの治療にかかった料金は、清算し残額を返金いたします。

お支払い方法

当医院では分割はしておりませんが、支払いを半年先に伸ばすことができますので、ご相談ください。

矯正治療では一部の症例を除いて健康保険は使えませんが、矯正治療費は医療費控除の対象になります。
医療費控除について
 

受付

受付

いつも笑顔で患者さんをお出迎えいたします。治療のことで何かご不明な点などございましたらお気軽にお尋ねください。また隣には、サンプル模型などの展示やデンタルグッズの販売もしております。ぜひご利用ください。

待合室

待合室

リラックスしながら診療をお待ちいただけるように、壁には湘南をモチーフにした絵画を各所に展示しております。また、ウォーターサーバーを設置しておりますので、どうぞご自由にお飲みください。

待合室右の写真は、現在の医院の場所に以前あった「そば処 峰亀」というお蕎麦屋さんから寄贈された鉢です。70年以上も続いていた老舗のお蕎麦屋さんで、私たちを含め地元の人間にとっては、とても馴染み深いお店でした。峰亀さんのように当院も地域の皆さんのなじみの場所になれるよう、これからも頑張って参ります。

診療室

診療室

プライバシーに配慮した半個室の診療室です。常に気持ちよく使用していただくために、感染対策や滅菌には細心の注意を払っています。

診療室半個室でありながら広々と開放的な診療室は、ベビーカーも一緒に入ることができます。小さなお子さまとご一緒でも、目を離すことなく安心して診療をお受け頂けます。

診療室診療室、待合室の各所に飾ってある絵画は、湘南の風景をモチーフとしています。画家のジュジュタケシさんの作品です。

カウンセリングルーム【1】

カウンセリングルーム

治療前のカウンセリングを行うスペースです。悩みはもちろん費用や期間のことなど、どうぞお気軽にご相談ください。壁際は長いベンチになっているので、ご家族皆さんでいらっしゃっても大丈夫です。

カウンセリングルーム【2】

カウンセリングルーム

検査資料をまとめて治療方針のご報告を行うスペースです。ご納得頂けるまでしっかりご説明します。わからないことがございましたら何でも聞いてください。

ブラッシングスペース

ブラッシングスペース

診療前、時間がなくて家でブラッシングできなかった、という方も大丈夫。当院では広々としたブラッシングスペースを完備しています。どうぞ、診療前にご利用ください。

ベビーシートまた、2歳未満の小さなお子さんをお連れのお母様の為に、おむつ交換台(ベビーシート)を設置しております。

デジタルレントゲン

デジタルレントゲン

胸のレントゲンなどを撮るのに比べ、歯は面積が小さいので被爆量はほとんどありません。加えて、デジタルレントゲンを使用することによって、その被爆量をさらに約1/5程度にまで削減することができます。
また、デジタル操作により撮影画像を拡大することができるため、綿密な治療計画を立てることができます。

感染対策

感染対策感染対策

治療において、忘れてはならないのが感染対策です。
昨今、病院などでの院内感染が問題になっています。残念ながら日本は、ヨーロッパなどの欧米圏に比べ感染への意識がまだまだ低いのが現状です。

当院ではコップやエプロンまで、可能な限りディスポーサブル(使い捨て)を徹底しています。また、高圧蒸気滅菌器、超音波滅菌装置などの各種滅菌機器を取り揃えていますので、小さなお子さまも、安心して治療を受けて頂けます。


2009年4月17日 « トップへ » 2013年7月16日


PAGE TOP