2013年7月26日 « トップへ » 2013年8月 8日

2013年7月31日

抜歯のメリット・デメリット両面から考えて最適な治療を

抜歯をさけるために

ご相談の際に『非抜歯で治療できませんか?』といった質問をよくいただきます。
当院ではまず非抜歯で治療できるか考えます。その際重要となるのが以下の事項です。

非抜歯で治療した際に
●歯が並ぶスペースが十分にあるか
●顔貌が悪くならないか、口を閉じずらくならないか
●長期的な安定が得られるか
●十分な機能を備えた噛み合わせを作れるか

これらの事項を非抜歯矯正でクリアできるなら非抜歯による治療をお勧めします。
また、クリアできない場合でもなるべく抜歯を避けるために、歯を並べる土台である歯槽骨の幅を広げることや歯を後ろに送ることで歯が並ぶ場所を増やし非抜歯で治療ができないか考えます。

●歯槽骨の横幅を広げる装置
上顎急速拡大装置
上顎急速拡大装置
 
●歯を後方に送る装置
ヘッドギア
ヘッドギア

歯科矯正用アンカースクリュー
歯科矯正用アンカースクリュー

次へ

それでもこれらの事項が改善されない場合抜歯を伴う矯正治療の可能性がでてきます。
抜歯を伴う矯正には永久歯を抜歯するデメリットがあります。しかし、このデメリットよりもメリットの方が勝ると考えた時に矯正医は抜歯をご提案します。

成人で歯が並ぶスペースが十分になく口元の突出感の改善を希望されている場合

天秤

このように、メリット・デメリットを天秤にかけ、特に主訴である口元の突出感の改善が非抜歯治療で行えないと判断した場合抜歯による治療をご提案します。
当院では患者さんのご要望を伺った上で、メリット・デメリットを考慮した最善のプランをご提案します。

なるべく抜歯を避けるために

重要となってくるのが歯を並べる土台である歯槽骨の大きさ、そして第一大臼歯の前後的な位置ですが、乳歯期に顎の横幅を広げて歯が並ぶ場所を増やしたり、上下の顎の位置を正しい位置に誘導することで将来的に抜歯となる可能性を減少させることができます。

顎の横幅の拡大と抜歯の回避
抜歯を避けるために 次へ
拡大後
抜歯を避けるために
拡大装置で顎の横幅を広げると、歯が並ぶ場所が増えます。 すると、増えた場所に歯の重なりをほどくことができるので、抜歯することなく歯を並べられる可能性が増加します。

下顎の成長促進と抜歯の回避
1.下顎の成長が不足している場合
抜歯を避けるために

小臼歯を抜歯した場合、できたスペースに前歯を下げることで
上下の前歯を咬み合わせます。


この状態で上顎の前歯と下顎の前歯を咬み合わせるためには、永久歯(例えば図の小臼歯)を抜歯して、
できたスペースに前歯を下げないと前歯が咬み合わないことが多くあります。

2.成長期に下顎の成長を促した場合
抜歯を避けるために 次へ
成長促進後
抜歯を避けるために

下顎の成長を促せた場合、上下の顎の位置が整い、永久歯の抜歯をせずに前歯を咬み合わすことが
できる可能性が増えます。


2013年7月26日 « トップへ » 2013年8月 8日


PAGE TOP