トップへ » 上顎と下顎を拡げて治療した症例

上顎と下顎を拡げて治療した症例

治療前
症例
症例

上下の前歯にガタガタがある患者さんです。

次へ
Ⅰ期治療(成長期)
症例
拡大装置を用いて上顎と下顎の横幅を拡大し、歯が並ぶ場所を増やすことで、非抜歯で歯が並ぶようにします。

次へ
Ⅱ期治療
症例
(歯と同じ色をした目立たない装置も選択できます)

マルチブラケット装置を個々の歯に装着して、ワイヤーを通すことで、精密に上下の歯を咬み合わせていきます

次へ
治療終了
症例
症例

正しい咬み合わせが獲得できました。


トップへ » 上顎と下顎を拡げて治療した症例


PAGE TOP