トップへ » 歯がガタガタで受け口の症例

歯がガタガタで受け口の症例

治療前
症例
症例

成人の方で軽度の受け口の患者さんです。重度の受け口の場合や顔貌の改善を希望される場合は手術を伴う矯正治療を行うこともあります。今回は手術を伴わない矯正です。

次へ

症例
マルチブラケット装置を個々の歯に装着して、ワイヤーを通すことで、ガタガタを解消していきます。

次へ

症例
下顎の前歯が前方にあり、通常のワイヤーだけでは正しい咬み合わせを作れない場合、マルチループワイヤーとゴム輪を用いて上下の歯を咬み合わせていきます。

次へ
治療終了
症例
症例

受け口が改善され良好な咬み合わせが得られました。


トップへ » 歯がガタガタで受け口の症例


PAGE TOP