トップへ » 前歯が咬み合っていない症例

前歯が咬み合っていない症例

治療前
症例
症例

前歯で咬めず、上下の前歯が前方へ突出し、顔貌も口元がでている患者さんです。

前歯が咬み合っていない症例は一見前歯を垂直的に引っ張れば咬むように思われますが、垂直的に引っ張った歯は簡単に元の位置に戻ろうとします。
そこで、長期的な安定を得るために、なるべく前歯を引っ張らないで奥歯を圧下(歯を支える骨の中に歯を押し込む)ことや、抜歯をすることで咬み合わせが深くなるよう工夫します。

また、前歯が咬み合っていない患者さんは上下の歯の間に舌を入れる癖を持つ方が多く、それが原因で再び前歯が開いてしまうことがあります。 そこで、その癖を改善する訓練(MFT)を併用することが多いです。

次へ

症例
マルチブラケット装置を個々の歯に装着して、ワイヤーを通すことで、歯を抜いた場所に前歯を移動して咬ませていきます。
また、歯を抜くことで咬み合わせが深くなるので上下の前歯が咬み合ってきます。

次へ
治療終了
症例
症例

前歯で咬めるようになり、上下の前歯の前突感が改善され、顔貌も口元が引っ込みました。


トップへ » 前歯が咬み合っていない症例


PAGE TOP