トップへ » 当院について » 院長・副院長紹介

ようこそ!鎌田歯科矯正クリニックへ

院長・副院長あいさつ

鎌田歯科矯正クリニックは歯科矯正の専門クリニックです。

当院では、日本矯正歯科学会の認定医、専門医による治療を行っています(認定医、専門医についてはこちら)。受け口、出っ歯、八重歯、すきっ歯のような歯並びでお悩みの方、子供さんから大人の歯列矯正、唇顎口蓋裂、顎関節症、顎変形症、外科手術併用の保険適用の矯正治療など、当院では豊富な実績を元に患者さんの症状にあわせて健全な歯ならびにします。まずは、お気軽にご相談ください。

院長あいさつ
副院長あいさつ
 

多くの症例から実感する「人生を変える治療」の影響力

院長あいさつこの藤沢で30年、5000人を超える症例を治療してきた私は、猫背で下ばかり向いていた子が明るい笑顔を見せてくれるようになったり、喘息に苦しんでいた子が元気になったりする様子を、実際にたくさん見てきました。

矯正治療には、見た目や咬み合わせだけでなく、患者さんの健康や性格、果ては人生までも変えられる力がある...。大袈裟ではなく、私は本当に、そう実感しています。

見た目はともかくとして、歯並びが不自由であることは、実は自分自身では自覚しにくいものです。だからこそ、治療を終えた時、それまでとは全く違う咬み心地や発音のスムーズさなどに驚き、「こんなに自由なのか!」と感動できると思います。

私はこれからも、矯正治療によって、「Health(健康)」「Beauty(美しさ)」「Happiness(幸せ)」を、患者さんに届け続けたいと思います。

矯正歯科診療所は一生が勉強の「プロ集団」です

院長あいさつ歯科大学へ入学して勉強をするうちに、私にとって矯正治療は、いつしか「趣味」のようになっていきました。歯が思い通りに動くことを「面白い」と感じていたのです。いかに審美的にも機能的にも美しい歯並びを形成するか、いつしかそのことに惹かれのめり込んでいったように思います。

その後、矯正が健康と密接に関係していることを知り、さらに面白いと思いました。審美的にも機能的にも美しい歯並びや咬み合わせが、心身の健康をもたらすのです。

矯正歯科診療所はプロ集団です。「矯正」という狭い分野に特化してる分、常に新しい知識を取り入れていますし、取り入れることを必要とされています。医師であり、アーティストであり、職人でもある...といった感覚で、一生学び、勉強していくつもりです。

地域に密着した歯科医院を目指して

院長あいさつ私は、「長年過ごしてきたこの地域に貢献したい」という気持ちを強く感じています。最近では、息子(副院長)に勧められて町内会にも入りました。商店街の皆さんと協力して、地域を支えていきたいと考えています。

大人の患者さんももちろんですが、地域の子どもたちには、気になることがあったら、できるだけ早く相談に来てほしいと思っています。顎の骨が柔らかいうちにしかできない治療もありますし、大人になってから治療するより今のほうが、負担が少なくて済むケースも多いからです。

私は善行中学校の校医を30年、第弐聖佳幼稚園では15年務めてまいりました。地域の多くの子供達を診てきて人生の大事な時期に、コンプレックスや機能障害に悩まされる子どもを一人でも減らせることができたら...。日々そのように感じていました。それが私の使命でもあり、地域への一番の貢献になるのではないかとも考えています。

当院は、学校が終わった後にも通えるように20時まで診療しているので、いつでも相談に来てくださいね。

院長経歴

院長あいさつ鎌田歯科矯正クリニック
院長 鎌田正毅

【経歴】
湘南高校卒業
東京医科歯科大学 卒業
東京医科歯科大学 大学院 矯正学専攻 修了
鎌田歯科矯正クリニック開設
鶴見大学歯学部矯正歯科元非常勤講師

【資格・指定・会員】
歯学博士
日本矯正歯科学会 認定医
日本矯正歯科学会 指導医
日本矯正歯科学会 専門医
日本臨床矯正歯科医会 会員
日本顎変形症学会 会員
日本口蓋裂学会 会員
 

【副院長あいさつ】藤沢は、日本一大好きな場所です!

私は、新林小学校、鵠沼中学校、湘南高校を卒業し、30年以上藤沢の方々にお世話になってきました。気候も人柄も暖かく、私は自信を持って「藤沢が日本一好きな場所」だといえます。私を育ててくれたこの地域に恩返しをしていきたい、貢献したいと思って仕事に励んでいます。

当院は2013年3月に、藤沢駅南口から現在の場所に移転しました。現在の場所は以前、70年以上続いた「そば処 峰亀」という、お蕎麦屋さんがあった場所です。私を含めて、地元の人間にとっては、とても馴染み深いお店でした。

惜しまれながらも峰亀さんが閉店することになった折、この大切な場所を当院が譲り受けました。峰亀さんがそうであったように、当院も地域の皆さんの"なじみの場所"となって、ここを中心に人々の輪が広がっていってくれたら...と願っています。

大学時代に「矯正治療の奥深さ」を再認識

私は、幼い頃から父の仕事ぶりを見ていて、小さな頃から矯正用ワイヤーにも触っていたんです。手がワイヤーを曲げることを自然と覚えていって...。"ワイヤーが友達"みたいな感じだったかも知れません(笑)。

大学で専門を選択する際には、実は「入れ歯」と「矯正治療」で迷ったことも。ですが、結局は歯並びだけでなく、顔の骨の成長発育をコントロールできる唯一の分野であることに魅かれて矯正の専門医になることを決めました。

大学病院には6年間勤務し、難度の高い治療や最新の治療についても幅広く学んできました。そしてこれまでの矯正の経験を通して思うことは、矯正は真面目な学問だということです。美しい矯正の仕上がりは、毎回毎回の治療をコツコツと真面目に積み重ねていくことで得られます。

副院長あいさつ矯正治療では、患者さんの健康をお預かりしていますから、もちろん妥協なんてできません!患者さんにとって「ベスト」なゴールを目指し、専門家という立場でより良い治療を提供します。矯正治療は他の歯科治療に比べ時間がかかってしまいますが、見た目の良さや機能性だけでなく心身の健康をもたらします。ぜひ皆さんも一緒に頑張りましょう。

副院長経歴

副院長経歴鎌田歯科矯正クリニック
副院長 鎌田秀樹

【経歴】
平成11年 湘南高校卒業
平成18年 日本歯科大学歯学部 卒業
平成23年 東京医科歯科大学大学院
      博士課程 顎顔面矯正学分野 卒業
平成24年 東京医科歯科大学附属病院 医員
平成25年 鎌田歯科矯正クリニック 副院長

歯学博士

【資格・学会】
日本矯正歯科学会 認定医
日本顎変形症学会
日本口蓋裂学会
東京矯正歯科学会

トップへ » 当院について » 院長・副院長紹介


PAGE TOP