トップへ » 当院の矯正治療について » 抜歯をさけるために » 抜歯のメリット・デメリット両面から考えて最適な治療を

抜歯のメリット・デメリット両面から考えて最適な治療を

抜歯をさけるために

ご相談の際に『非抜歯で治療できませんか?』といった質問をよくいただきます。
当院ではまず非抜歯で治療できるか考えます。その際重要となるのが以下の事項です。

非抜歯で治療した際に
●歯が並ぶスペースが十分にあるか
●顔貌が悪くならないか、口を閉じずらくならないか
●長期的な安定が得られるか
●十分な機能を備えた噛み合わせを作れるか

これらの事項を非抜歯矯正でクリアできるなら非抜歯による治療をお勧めします。
また、クリアできない場合でもなるべく抜歯を避けるために、歯を並べる土台である歯槽骨の幅を広げることや歯を後ろに送ることで歯が並ぶ場所を増やし非抜歯で治療ができないか考えます。

●歯槽骨の横幅を広げる装置
上顎急速拡大装置
上顎急速拡大装置
 
●歯を後方に送る装置
ヘッドギア
ヘッドギア

歯科矯正用アンカースクリュー
歯科矯正用アンカースクリュー

次へ

それでもこれらの事項が改善されない場合抜歯を伴う矯正治療の可能性がでてきます。
抜歯を伴う矯正には永久歯を抜歯するデメリットがあります。しかし、このデメリットよりもメリットの方が勝ると考えた時に矯正医は抜歯をご提案します。


トップへ » 当院の矯正治療について » 抜歯をさけるために » 抜歯のメリット・デメリット両面から考えて最適な治療を


PAGE TOP